Webエンジニア求人マスター

Webエンジニアの必須言語を紹介します

必須言語を知ろう

必須言語を知ろう

Webエンジニアになるためには、最低限のプログラム言語やマークアップ言語を習得しなければなりません。中でもWebを構成する基礎中の基礎であるHTMLは完璧に習得しましょう。HTMLは細かく分けるとxHTML、HTML4、HTML5などにわかれます。どれを選択するかは、対応するブラウザによって異なるので動作環境をしっかり定義することも重要です。HTMLの他にもWebエンジニアとして必要になる知識はたくさんあります。代表的なものをみてみましょう。

Pocket

CSS

CSSは、HTMLでマークアップされた内容に、装飾をつけるために使われる言語です。最近ではCSSを使った装飾がスタンダードとなっており、HTMLだけでも可能な装飾であってもCSSで行うのが主流です。CSSは、必ずHTMLとセットで用いられるものです。

JavaScript

JavaScriptは、ブラウザ上で動作するスクリプト言語です。プログラムは、単体で動作するものと特定のプログラム上で動作するものがあります。単体で動作するプログラムとは、ワードやエクセル、ゲームのようなプログラムのことです。JavaScriptで作られたプログラムは、ブラウザ上でしか動作できません。そのため、基本的にはWebサイトやWebシステムで、ちょっとした動作をさせるために使われます。ボタンにマウスを乗せた時に色が変わったり、画像がスクロールしたりするWebサイトを見たことがある人も多いでしょうが、それらはJavaScriptによってプログラミングされたものです。

PHP、Perl

PHPや、PerlはWebサーバ上で動作するプログラミング言語です。例えば、Webサイトで問合せなどを受付ける際に使われるメールフォームは、PHPやPerlで実装されるサーバサイドプログラムの代表例です。フォームに入力された氏名、住所、メールアドレスなどをプログラムが取得して、管理者へその内容をメールで送信するといった一連の流れがプログラミングされています。
サーバサイドのプログラミングを行うにしても、基礎であるHTMLやCSSの知識は必須です。

Java

よく初心者の方で混同してしまうことが多いのですが、JavaとJavaScriptは全く異なるプログラム言語です。ただ、単純に名前が似ているだけですので注意してください。Javaは、高度なプログラム言語であり、多くは業務システムなどの大規模な開発に使用されています。Javaを使ったWebシステムを構築するには、サーバの構築知識も必要になります。
他にもたくさんのプログラミング言語が存在します。興味がある方は、こちらを見てみるとよいでしょう。
http://thinkit.co.jp/story/2011/04/13/2085