Webエンジニア求人マスター

Webエンジニアデビューを目指す未経験者向け

未経験からWebエンジニアデビューするには?

未経験からWebエンジニアデビューするには?

新卒から会社に入社した人だけでなく転職で新しく会社に入社した人も、思っていたのと違う…と感じている人は多いのではないでしょうか?給料だったり、仕事内容だったり、やりがいだったり、その不満に対する原因はたくさんあると思います。そんなときに、ネットの広告や転職サイトでふと、Webエンジニアの求人が目について興味を惹かれてしまったというあなた、これを機に転職を考えてみてはいかがでしょうか?頑張ることでWebエンジニアデビューも夢ではありませんよ!

Pocket

Webエンジニアとは?

WebエンジニアとはWebで使われるシステムを作る人です。動画やゲームにSNS…その数は無限です。あなたが今見ているHPもWebエンジニアが作り上げています。現在スマホが普及していることにより、Webも速いスピードで進化し、新しいコンテンツについてもどんどん増えてきています。それに伴い、Webエンジニアの求人も増え、未経験にもチャンスがあるといえます。自分が作り上げたWebコンテンツが世界中に広がり、誰もが利用することになると考えるとワクワクしてきませんか?

未経験でも転職できるのか?

営業や飲食店など、先輩から教えてもらったらすぐにできるようになるものではありません。本を読んだり、教えてもらったり、自分でWebアプリケーションをしようすることで頭と体にWebシステムの作り方をたたき込んでいかなくてはなりません。今までシステムに関して全く無縁だった人は、その内容の難しさに驚くと思います。ためしに、本屋で本を開いてみてください。こんなのできるわけがないと思うでしょう。しかし、それができてしまうようになったら?難しいからこそできる人が少ないのです。できるようになれば、一生の宝となります。会社だけでなく、社会で重宝されること間違いなしでしょう。もし、働いた会社がよくなくても経験があれば転職しやすいという現実的なメリットもあります。

とにかく未経験可の場所へ応募してみよう!

実際のところ、Webエンジニアは即戦力が求められているという現状があります。しかし中には未経験を求めている会社もあるのです。未経験だと、独自のルールやクセがなく、教えやすいという事実があります。企業が経験者である転職者だけでなく、新卒採用をするのと同じような理由です。だから、とにかく、未経験可の場所に応募してやる気をアピールすることをオススメします。そして転職活動をしながら、並行して自分でサイトを作ったりシステムを作ったりしてみましょう。履歴書を書いたり、面接で話したりするときに口だけでやりたい、やってみたいというよりも、実際にこのようなサイトを作りましたと言えることで大きなアピールにもつながります。