Webエンジニア求人マスター

Webエンジニアを目指す未経験者向けの求人情報

未経験からのWebエンジニア求人

未経験からのWebエンジニア求人

Webエンジニアを目指す上で必要となる言語の種類、サーバ関連の知識の他、未経験からWebエンジニア求人の採用を勝ち取るための秘訣など、未経験者向けの求人お役立ち情報を紹介します。Webエンジニアになるための必須言語は、HTML、CSS、JavaScript、PHP、SQLなど、多岐にわたります。言語として並べると数が多くなるため臆してしまう方もいそうですが、気にしなくても大丈夫です。まず、ひとつの言語を覚えることに集中しましょう。2つ目以降の言語習得は一つ目よりもぐんと楽になるはずです。就職は「未経験可」の求人を見つけて応募するのがベストです。

各テーマ一覧

必須言語を知ろう

必須言語を知ろう

インターネットが普及したことによって、ブログやSNS、ネットショップなどのWebシステムに触れる機会が増えています。これらのサービスを開発しているのがWebエンジニアと言われるプログラマです。ネットを活用することは、企業から自治体まで必要不可欠なことです。そのため、Webエンジニアは今や引く手あまた。求人情報もたくさんでています。とはいっても、何も知らない初心者が簡単になれるものではありません。Webエンジニアとしてやっていくためには、最低限身に付けておかなければならない必須言語があります。

> 続きへ

サーバの知識もつけよう

サーバの知識もつけよう

Webエンジニアとして仕事を効率よく進めるためには、ある程度のサーバの知識を持っている必要があります。Webページをこちらに提供してくれるのが「Webサーバ」です。「物理サーバ」と「クラウドサーバ」という二種類に分けられるサーバは、「サーバ=店舗」として自分が出店する場合をイメージすると分かり易くなります。クラウドサーバはショッピングモール内に出店するというイメージで、物理サーバよりもコストを抑えることができますが、その分周りの影響を受けやすいというデメリットがあります。一方で、物理サーバは、自社ビルを建てて営業するというイメージで、コストはかかるものの周りからの影響は受けなくなります。

> 続きへ

未経験からWebエンジニアデビューするには?

未経験からWebエンジニアデビューするには?

WebエンジニアとはWebで作られているシステムを作り上げる職種のことを言います。現在の仕事に不満を抱えている人はWebエンジニアへの転職を考えてみてはいかがでしょうか?スマホが普及し、Webエンジニアの求人がとても増えています。未経験可の求人は少ない現状がありますが、自分で本を買って勉強し、サイトを作ったりすることにより履歴書や面接でもアピールできるので採用につながるケースもたくさんあります。未経験者は行動あるのみです。まずは本を買ってきて、転職サイトに登録し、Webエンジニアデビューを目指して頑張ってみてください。

> 続きへ