Webエンジニア求人マスター

Webエンジニアは会社依存から脱出して勝ち残れ!

脱・会社依存で勝ち続ける人

脱・会社依存で勝ち続ける人

ここ5年ほどで、働く人たちの価値観に大きな変化が起きつつあります。従来の価値観では、大きな会社で働くことが良しとされ、大企業に就職することが成功とも考えられていました。しかし、様々な環境の変化により、労働者の感覚は個人を主体とした価値観へシフトしています。急速に普及したスマートフォンやWebサービスの登場によって、個人が簡単に情報を発信できる時代になりました。エンジニアも個人のスキルをアピールする場所がたくさん生まれています。

Pocket

少数精鋭を求める流れ

Web業界では、開発環境や様々なサービスの登場によって、昔と比べると少ない人数で世界に発信できるゲームやWebアプリを開発することができるようになりました。これによって、いままで企業でたくさんの開発者がいなければできなかったことが、個人レベルでも実現可能となっています。そうした背景から、大企業や有名企業で働きたいと思うエンジニアよりも、面白いことや一緒にチームを組むメンバーに重きを置いて仕事をする人が増えてきているようです。

組織から個人へ、依存から自立へシフト

主にWeb業界において、組織に属さず一人のエンジニアとして自立する動きが目立っています。具体的には、個人同士のつながりによって、新しい仕事が生み出されたり、パソコン一台で起業する人が増えているといったことが見受けられます。IT時代では、スキルを簡単に公開でき、すぐに評価してもらうことができます。強い技術力があれば、たとえ一人きりだとしても十分仕事を確保することができるのです。また、オープンソースが増えてきて個人個人の自由な開発がネットを通じた第三者と組み合わさって大きな成果を出せることが実証されています。こうした考え方や開発手法に共感するエンジニアが増えていることも大きな要因となっています。

企業も重視する個人主体の働き方

企業側も、今までのようにトップダウンによる仕事の仕方から、個人をうまく活かしたワークスタイルの模索が始まっています。会社に所属していながらも、外部のコミュニティに積極的に参加させたり、部署の壁を超えて社員同士のつながりによって新しいサービスを開発するなど、具体的な動きがあるようです。エンジニアが会社に依存して働いているよりも個人として独立し、一人ひとりの力で突破する力を持つことが、エンジニアだけでなく、企業としても成長するポイントであることに気付く経営者がたくさんでてきています。特にIT企業では創業者もエンジニアであったり、若く柔軟な考え方ができる人が多いというのも、こうした考え方を後押しする要因なのかもしれません。