Webエンジニア求人マスター

Webエンジニアである前に社会人であることが大切

社会人として出来る人

社会人として出来る人

Webエンジニアを始め様々な仕事を経験し、社会人としてのノウハウを積み上げていく中で、人はつい専門的なスキルや仕事での評価ばかりを気にしてしまいがちです。しかし、「仕事ができる」ということは、そのまま仕事の業績が良いことだけを指すのではありません。専門的なスキルや他人からの評価といった表面的なことばかりに注視していては、「出来る人」になることはできないのです。Webエンジニアとして、というよりもまずは社会人としてどのようなビジネスマンを目指すべきなのか、一度考えてみることも重要なのではないでしょうか。仕事のできるビジネスマンとそうでないビジネスマンの違いについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

Pocket

他人の評価と自分の評価

仕事というのは自分ひとりで完結できるものではありません。その事実がある以上、仕事については他人からの評価が良いものでないといけないのではないでしょうか。自分自身に対する評価が高く、しかし他人からの評価が思わしくないという場合、あなたの能力は周りには認められていないということかもしれません。もう一度客観的な目線で自分の仕事を見つめ直してみる必要があります。そうすることで、達成するべき目標が明確化され、そこにたどり着くまでにやるべきことも見えてくるはずです。

人脈が広がるか孤立するか

ビジネスの場において、コミュニケーション能力は非常に重要なものです。仕事に関しては他人の評価を重要視しようとすれば、ビジネスの場で良い人間関係を築く大切さも見えてくるのではないでしょうか。仕事ができると言われている人というのは、総じて人望があり人脈が広いものです。人望があり人脈があるから、仕事ができると評価されているとも言えます。例えば、仕事をしているときにルールを守らないような行動ばかりしていたり、他人からの指摘を素直に受け入れないといった態度をとっていれば、周りの人は離れていきます。徐々に孤立していくのです。仕事ができる人とはまた一緒に働きたいと感じるものです。しかし孤立しているような人は、孤立するような言動をしている人です。そのような人と一緒に働きたいと思う人がいるでしょうか?あの人とは一緒に仕事をしたくないと思われている人というのはつまり、仕事ができない人という評価を受けていることになるのです。

問題解決能力

仕事で問題が発生したとき、「それではダメだ」という否定で終わるのと、「どうすればよくなるのだろう」という解決策にまで考えが及ぶのとでは雲泥の差があります。問題を解決しようという能力のある人、そして解決のためのビジョンが見えている人がいることで、職場環境の改善は図られるのです。職場の環境が悪ければ、何をやっても不満しか出てこないという前述の「孤立していく人」になってしまう可能性があります。自ら問題を解決する力を持ち、良い環境の中で働くことで、仕事ができる人になることができるのです。